大人ニキビの原因

20代をすぎても、30代になっても、ニキビに悩まされている人は多いようです。こういったニキビを大人ニキビというのですが、大人ニキビは、20代、30代女性が悩まされている肌トラブルのなかでトップ3に挙げられているようです。この大人ニキビの原因は、多岐にわたっており、生理前のホルモンバランスの乱れや、ストレスが溜まっている時、偏っている食生活、寝不足などで疲労がたまっている時、肌の乾燥などが挙げられます。

ニキビの原因が肌の乾燥というと、意外に思う人も多いようですが、肌が乾燥すると、肌が潤いを保とうとするあまり、皮脂を過剰に分泌してしまうのです。よく、ニキビにはこまめな洗顔がいいといいますが、必要な皮脂まで奪われてしまうと、かえって皮脂が過剰分泌してしまうので、洗顔は一日2回で充分なのです。

洗顔料の成分にも気を配り、界面活性剤が含まれていない自然由来成分の含まれている物を使用しましょう。大人ニキビができる仕組みについてですが、肌のターンオーバーと関係が深いのです。肌のターンオーバーは約28日なのですが、年齢を重ねるごとに肌の新陳代謝が鈍ってしまい、肌のターンオーバーが乱れてきます。そこで、古い角質が剥がれ落ちていかなくなり、表皮の表面にたまることによって、毛穴がつまり、アクネ菌が繁殖してしまってニキビができるのです。肌のターンオーバーが乱れるのは、年齢のせいだけではありません。ストレスや肌によくない食生活、夜更かしなども原因の1つなのです。

<特集>
大人ニキビの予防や解消を目的として作られたニキビケア化粧品です ⇒⇒⇒ ニキビケア